読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログ名決められない

ヲタクの記憶を記録にしておく

大所帯アイドルの神7に超特急メンバーを当てはめてみた

 

 

こんにちはこんばんは

 

最近某48アイドルの懐古をしていまして、

「ああ、あの頃の48はよかった」

言い訳Maybeとか10年桜とか好きだったなあ」

「〇〇ちゃんかわいいなあ…(推しメン当てられるかな」

「みんなわかいなあ」

「やっぱりこの時の神7が一番だ」

ってなってて。

 

ん?神セブン?セブン???????????

 

 

超特急じゃん

 

 

となり、

 

 

よおし、神7に当てはめてみよー!

 

と深夜ノリでやってみました。

 

 

とその前に神セブンとは?って方のために軽く説明します。

神セブンとは、AKBの年に1回行われるシングル選抜総選挙で1〜7位にランクインしたメンバーのことです。

その中でも第1回、2回と順位の変動はあったものの、ランクインしたメンバーは変わらなく、当時圧倒的人気があり、普通のシングルでも選抜落ちしたことない、メンバーが、前田敦子大島優子篠田麻里子渡辺麻友高橋みなみ小嶋陽菜板野友美の7人です。

 

ここではこの7人を神セブンと考え、超特急メンバーに当てはめてみようかと思います。

 

f:id:yade923:20170220020824j:image

 

 

 

①コーイチ→大島優子

 

大島優子さんといえばAKBの中でもセンター争いをしていた人気メンバーてす。

コーイチくんはボーカルがゆえ、センターポジションに立つことはあまりないです。じゃあどこが似ているのか?というと、ポテンシャルの高さだと思います。

大島優子さんは3歳から子役として芸能活動を行ってきました。子役として有名にはなりませんでしたが、ジュニアアイドルを行ったりとAKBに入るまでにたくさん力を培ってきました。コーイチくんも7歳くらいからスクールに通いだし、キッズユニット・舞台などにも参加をし、EBIDAN・超特急として活動するまでに様々な場所でダンス・歌・演技を伸ばしてきました。

このように舞台上に立つことを幼い頃からやっていた2人はエンターテイナーとしてのポテンシャルの高さが随時見られます。

大島優子さんはAKBの中でもキャッチコピーが「変幻自在のエンターテイナー」というだけダンスパフォーマンスの高さに定評があったり、彼女がいるだけで場の空気がガラッと変わったりと、チーム・グループ全体のキーパーソンでした。

コーイチくんも昔超特急がまだ発足して間もないころはコーイチくんの歌声がグループを支えていると言われるほどの圧倒的な歌唱力。ライブでは欠かせない彼の煽り、曲調ごとにころころと変わる声色、誰もがあっとなるポテンシャルの高さが間違いなく超特急を引っ張っていく存在になると思います。

 

 

②カイ→板野友美

 

カイくんは板野友美さん。

圧倒的カリスマ性。

これに尽きます。

 

板野友美さんはEXILEのバックダンサーを務めたり、カイくんはスクール革命という番組で行われたジャニーズのオーディションに受けたりとどちらもそのグループに属することはなかったが、人前立つこと、見られることに対してとても意識が高い2人なんじゃないかと思います。

板野友美さんはベストジーニストを獲得したり、有名なファッションブランドのイメージモデル就任などとグループの広告塔のような役目でした。

カイくんも他のアーティストがいるライブなどではそのアーティストさんに寄り添った宣伝活動をしたり、つい最近では時計ブランドのキャンペーンにタクヤ・タカシとインタビューを受けたりと、超特急の宣伝をしたり印象つける活動をカイくんはしているのでは?と思います。

方法は違えど、グループを広げるために、自分の持っているものを活かすのが2人とも上手だなあと感じます。

 

③リョウガ→高橋みなみ

 

リョウガさんはリーダーという点で高橋みなみさん。

でも高橋みなみさんとはまた違ったリーダーの形です。

高橋みなみさんはグループを上手くグイグイと引っ張って士気をあげていく系リーダーだとしたら、リョウガさんはメンバーに支えてもらいながらメンバーの士気をあげていく系リーダーだと思います。

このふたりに共通しているのがグループやメンバーを見る力だと思います。

メンバーの母数が違うんであれですが、高橋みなみさんはメンバー1人1人の変化を見逃さなく、メンバーに寄り添ったエピソードや周りの状況判断エピソードがたくさんと出てきます。

リョウガさんはみんなからやれといわれたらちゃんとやれる人だと思ってます。でも決して自分からやらないわけではないです。

また物事をキチンと考えているのが随所伺われるなあと。とくにインタビュー記事を読んでいると超特急のこれからの方向、未来について実によく考えているリーダーだと思うし、メンバーの性格・能力をよく見てコメントをしている人だと思います。LINE LIVEでも話してないメンバーに振ったりと、MCをするという立場故か客観的に見る力や周りからの声を聞くことができるなと。

自分が前に出ることよりも、メンバーを見て、メンバーにチャンスを与えたり、察知するという点で似ていると感じました。

 

④タクヤ→小嶋陽菜

 

タクヤくんは小嶋陽菜さん。

理由は"入り口"。

 

単にビジュアルです。

小嶋陽菜さんは雑誌の専属モデルやバラエティ番組とアイドルだけではなく幅広く活動してます。それゆえ、初見で見た人が「あ、この人かわいい」とAKBファンになる"入り口"になりやすいのです。

タクヤくんも綺麗な中性的な顔立ちで、映画やドラマ、有名アーティストのMV出演を果たしたり、つい最近ではバラエティ番組にも出て超特急のタクヤの名を広げており、8号車になる入り口を作る人物になっているのではないかと思います。

また性格的にも2人とも自由奔放だったり、ツンデレだったりとちょっと周りを振り回す感じが個人的にあるのですが、パフォーマンス面ではプロ意識が高く熱いのも似てるなあと感じます。

 

⑤ユーキ→前田敦子

 

ユーキくんは絶対に前田敦子さん。

もちろん絶対的センター感。

 

前田敦子さんといえば、AKBの初期からセンターでほとんどの曲が前田敦子さんをセンターに据えています。グループの顔でした。

超特急にはセンター固定はないが、ユーキくんは絶対的センター感があると個人的に思っています。センターに立った時の強さ・安定感が半端じゃない。

センターに立つために生まれてきたのではないかとすら思います。

また舞台上でのオーラが2人とも普段とは違くて完璧憑依型だと感じました。

前田敦子さはも普段は飄々とした感じでバラエティとかではあまり目立つタイプではないと思うのですが、センターだと「私がセンター」という自信がどこかに見えるんです。(ユニットシャッフルでの残念少女という楽曲のセンターを見てもらいたい)

ユーキくんも同じで普段はドジっ子として有名ですが、舞台上に立つとそれを感じさせない堂々たるパフォーマンス、僕が超特急の中でナンバーワンのダンサーだって自信があるようなダンスを見せてくれる・・・。

 

2人とも1番前に立った時の強さがすごいと思います。(ちなみにこれは欅坂の平手友梨奈も同じ)

 

⑥ユースケ→篠田麻里子

 

なんで?ってなる方もいると思います。

これもタクヤくんと一緒で"入り口"です。

 

AKBの中でも小嶋陽菜さんと篠田麻里子さんは"入り口"として有名です。

実際に私も篠田麻里子さんからAKBにハマりました。

篠田麻里子さんといえばかわいいアイドルとしては珍しく、すらっとした身長に小顔の短髪で圧倒的ビジュアルメンバー。モデル・CM出演での活動でファンを増やしてきた印象があります。

ユースケくんはモデルやドラマ・映画など広告媒体への出演はそこまで多くなく入り口といえるのか?と思いますが、ユースケくんの強みは「実際に見た時」です。

書籍やTVCMなどで見る篠田麻里子さんが間接的だとするとユースケは直接的。

ライブで見た時が印象深く、「なにあの人ヤバイ」で覚えてもらえます。ヤバイだけじゃなく、顔もとても整っているためふとしたときに「カッコイイ・・・」となるのが彼の魅力であり、このギャップが入り口になるのではないかと思いました。

入り口の形は違えど、興味を持たれる対象になりやすいという点では似ていると思います。

また2人ともバラエティでは振り切ったところを見せたりするところも似ていると感じます。

 

⑦タカシ→渡辺麻友

 

この2人の似ている点は愛らしさと努力家という点ですかね。

 

2人ともとても正統派で愛らしいルックスを持っているという点がまず一緒。

渡辺麻友さんは神7の中で1番若く、タカシくんは超特急の中で末っ子。

兄弟構成も2人とも1番末っ子が故に愛される術を知っていると言うのと、負けず嫌いという性格が出て、他のメンバーに追いつきたいという思いが人一倍強いと感じます。

渡辺麻友さんは総選挙の結果を受けて「私は、負けず嫌いなので。まだまだ現状に満足せずに、常に上を目指して、日々、目の前のことに取り組んで、一生懸命頑張りたい」というコメントを残したりと、向上心で満ち溢れているのが伺えます。

タカシくんもボーカルとして歌うのは初心者で、最初は頼りないと言われていたが今じゃ本人の努力もあり、メキメキと上達していて、成長が目に見えて感じられるメンバーだと思います。同じボーカルのコーイチくんは昔は仲間であり憧れであったが、今は仲間であり好敵手だと思います。

2人とも努力し、きちんと結果が出ているのが似ている点だと感じました。

 

 

 

 

 

 

 

 

以上で終わります。

わりとメンバーに共通点、似ている箇所が多くてびっくり。(特に1457)本当はもっとエピソードやら、発言やら見てほしい動画やらあったんですが長くなりそうなので割愛しました。

 

あの時代の神7は本当に圧倒的人気を誇っていたし、知らない人はあまりいないんじゃないか?と思うレベルで凄かったなあという懐古と、共に神7に簡単に当てはめることのできる7人が集まった超特急ってこれから人気でるしかないじゃん????ってなりました。

 

たらたらたらたら大したこと書いてない文章読んでいただきありがとうございました。

 

では。

 

 

(ちなみに私の推しは宮澤佐江ちゃんでした)